HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > がん対策の柱

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 臨時休診のお知らせ  |  薬の増量の意味 »

がん対策の柱

January 23, 2012

がん対策の今後5年間の基本となる厚生労働省の次期計画案に、喫煙率削減の数値目標が初めて明記され、「喫煙者を4割近く減らす目標」になる見通しだそうです。喫煙は、がんをはじCOPDという呼吸機能が低下する慢性閉塞性肺疾患や心筋梗塞などの原因の一つです。がん対策において、抗がん剤治療うんぬんよりもまず発症しないように予防に努めることが重要です。若年のうちから喫煙するとより依存性が高まって禁煙できにくくなるそうです。タスポなるものが普及していますが、制服を着た高校生が喫煙している姿をよく見かけます。若年者への喫煙の有害性を家庭や学校でもきちんと教育する必要があると思います。