HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > ケンタッキーフライドチキン

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 予防のすすめ  |  歯科とのコラボ »

ケンタッキーフライドチキン

July 3, 2007

皆さんはケンタッキーフライドチキンお好きですか?私は結構好きですが、食べすぎはあまりよくないんです。NYでは外食産業でのトランス脂肪酸の使用を禁止する条例が7月1日に施行されました。トランス脂肪酸とはマーガリンや植物油に含まれる水素添加し脂肪のことで、リン脂質にとりこまれ細胞膜の構造に変化を与え細胞機能に悪影響を与えます。LDL-Cを上げHDL-Cを下げる作用があり、心筋梗塞のリスクを高めます。またアトピーを増悪させたりするとも言われています。マクドナルドやケンタッキーフライドチキンはトランス脂肪酸を使用しているので、消費者団体から訴訟を起こされています。日本ではいまだにCMでは植物油は健康いいといった内容のものが流されていますし、バターよりもマーガリンの方がヘルシーと思っている人が多いようです。ケンタッキーフライドチキンも、来年の4月をめどにトランス脂肪酸を含まない大豆油を使用すると発表しているようです。マーガリンって古くなると表面が黄色く変色しますよね、あれは酸化しているからなんです。みなさんも酸化した脂肪は摂取しないようにしましょう。尚、脂質の酸化を防いでくれるのは天然ビタミンEです。