HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > 薬の増量の意味

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« がん対策の柱  |  休診のお知らせ »

薬の増量の意味

February 7, 2012

特にうつなどの精神症状で治療を受けると、いつのまにか薬がどんどん増え、ひどい場合は10種類近い薬を飲まされている人がいます。薬が増えるということは、治療してもよくならないから違うタイプの薬を追加するわけです。薬が増えるということは、その治療方針が間違っている可能性が高いということ意味します。最初の診たてが違うということです。
うつ症状や慢性疲労症状は、鉄不足や副腎疲労、機能性低血糖症などでも起きます。まず大切なのは、症状の原因を突き止めることです。そうするとおのずと治療方針は決まります。しかし保険診療では、栄養素は使えませんので結局保険適応のある向精神薬を投与するしか方法はないのです。
薬がどんどん増えてもいっこうに体調がよくならずむしろ悪化している方は、治療方法を大幅に見直してみたほうがよいと思います。栄養療法は、保険が利かないのでコストは高くつきますが根治が可能な治療方法なので、適切なアプローチさえすればいずれ病院に通わなくてもよくなります。今の治療内容や治療効果に疑問をお持ちの方は一度栄養療法をお受けになってみてはどうでしょうか?