院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 責任重大  |  臨時休診のお知らせ »

卒業

March 18, 2013

先週息子の幼稚園の卒業式がありました。健やかに成長している姿を見てうれしく思いました。
栄養療法でも患者さんの卒業があります。アトピーでステロイドを塗っていた人が、ステロイドを離脱し皮膚の状態が落ち着いてくるともう通院していただく必要がないのでgdmを卒業していただくことになります。また、慢性疲労の高校生が、鉄などの不足栄養素を補充して元気を取り戻した場合も、もう通院しなくてよいので卒業です。
一般的な病院での肺炎などの急性疾患を除いた慢性疾患に対する薬物治療は、根治を図るものではなく、症状を抑えるだけの対症療法です。ですからいつまでたっても病院から卒業できません。それどころかうつ病などは、薬がどんどん増えて症状がますます悪化しているケースがすくなくありません。対する栄養療法は、対症療法ではなく根治を目指すので最終的には通院しなくてよくなるケースが少なくありません。ただし、栄養欠損になりやすい体質の方や、食生活が以前のようなジャンクフード中心のものに戻る方などは、再発する危険性がありますので、卒業後も栄養摂取に気を付けていただく必要があります。
栄養療法は、薬から卒業したい方、医療機関から卒業したい方にお勧めです。