HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > 体質改善には栄養療法

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« ゴールデンウイーク中の診療  |  ベジタリアンのワイン会 »

体質改善には栄養療法

May 7, 2013

体質改善に漢方治療がよいと思っている女性が最近増えてきているようです。漢方を製造している製薬会社がスポンサーになってTV番組や女性誌等で漢方特集がよく組まれている影響が大きいのではないかと思います。冷え性、倦怠感、生理不順、更年期障害などに有効で保険で漢方薬の処方を受けることができる、といった内容をよく見かけます。西洋薬のような副作用がなく植物由来の成分なのでカラダに安全安心というよいイメージを持っている方が少なくありません。また都会にはオシャレな漢方専門薬局もあるくらいです。漢方治療を受けることが都会の女性の間では一種のファッションのようになっているようにも感じます。
漢方薬は確かに、その人の体質を見極めて処方すれば劇的に効果を発揮する場合があります。私も、月経不順、冷え性、花粉症、風邪、インフルエンザなどには漢方薬をよく処方します。しかし漢方薬も人間にとっては異物なので、時に重篤な副作用を呈する場合もあります。
「私はこういう体質なの」と体質とよくみなさん言いますが、体質だと思ってあきらめていた症状が、実は栄養欠損によるものであることが多いのです。特に鉄不足による症状や貧血などに対しては漢方薬を処方するよりはヘム鉄そのものを処方する方がはるかに即効性があり根本的です。漢方薬には鉄分は含まれていませんので、鉄の直接的な補給はできていません。
ただし栄養療法は保険が利かないのでコストは割高になります。しかし真の体質改善は栄養療法の方が根本的であり副作用がなく安全安心です。漢方治療が市民権を得たように、もっと栄養療法の存在や効果をより多くの方に知っていただけるといいなと思っています。