HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > 晩婚化と不妊

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« ベジタリアンのワイン会  |  看護師募集 »

晩婚化と不妊

May 16, 2013

マツコデラックスさんがTVで晩婚化についてするどいコメントをされていました。マツコさんは「晩婚化が進んでいるからといって男女で違う、出産は命がけの作業」などと言われていました。
男性は40歳、50歳でも基本的に子供を作る能力があります。しかし、いくら時代が進んでも女性の自然妊娠できる年齢が高くなることはなく、35歳を境に一気に妊娠率が低下していきます。しかし、今の女性は赤ちゃんを作ろうと思えばすぐできるものと甘くみている女性が少なくありません。エステや化粧品にお金をかけて外見は若々しくみえても、卵巣機能は確実に低下していきます。スリムな外見に憧れ不適切なダイエットをして月経不順になっている女性もたくさんいます。また今流行りのマクロビオティックがおしゃれな食事だと勘違いし、妊娠に必要なタン白質、鉄、亜鉛、ビタミンAなどの不足に陥っている女性も少なくありません。卵巣、卵管、子宮などに異常がなく原因不明の不妊症(原因不明不妊、機能性不妊とも言います)の大半が栄養欠損によるものです。
マツコさんが言われているように、20代から妊娠出産のことも考慮に入れた人生設計をしたほうがよいと思います。結婚、妊娠は相手が必要なので、自分の計画通りには事は運ばないかもしれませんが自分の体の健康維持は自分の意志でできます。20代から正しい食事や適切な栄養アプローチをしておけば40歳になっても妊娠力を維持できる場合が少なくありません。


原因不明不妊症治療クリニック