HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > 子宮は不要?

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 真のアンチエイジングとは?  |  ラポールあっての栄養療法 »

子宮は不要?

September 3, 2007

子宮筋腫の患者さんから、子宮とってしまいましょうと女性医師から言われたという話を時々耳にします。女医は女性なので女性の気持ちが分かると思って期待して受診するのに、「子宮なんてなくてもいいでしょう、切りましょう」とこともなげに言うそうです。なくていい臓器なんか人間にはありません。必要だからこそ存在しているのです。当然限局している切除可能なガンは切除すべきですが、切除しなくてもいいものを今の日本の医療現場では切除しすぎているように思います。子宮筋腫も内膜症も卵巣のう腫も分化異常が発端ですので、ビタミンAやタンパク質、鉄などの栄養素をきちんと摂取して予防に努めていただきたいと思います。