HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > 新たな出版目標

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 夏季休暇のお知らせ  |  体罰 »

新たな出版目標

August 9, 2013

週刊誌等で日本は不妊大国であるという記事が最近よく書かれていますが、高度な不妊治療をいくら行ってもなかなか妊娠しない人が多いのが現状です。また、関節リウマチや慢性疲労、うつ症状、皮膚トラブルなどで薬物治療を行っても、病態や症状がなかなか改善しない方が少なくありません。分子整合栄養医学的には、原因不明不妊症や関節リウマチ、慢性疲労、うつ症状、皮膚炎なども、発症の背景に栄養欠損が必ずと言っていいほどあると考えています。ですから、根本的な治療方法は不足栄養素の至適量の摂取につきます。
今回出版させていただいた「肉食女子の肌は、なぜきれいなのか?」は美容に興味がある方が主に読んでくださっていると思うのですが、原因不明不妊症や関節リウマチ、慢性疲労、うつ症状、皮膚炎などでお困りの方は、自分とは関係のない本だと思って手に取ってくださらない可能性があります。ですから、こういった方にも栄養療法の存在を知っていただければと思い、今回出版したアンチエイジング的な本とは別に「原因不明不妊症は栄養欠損が原因だった」と「粗食、栄養欠損が万病のもと」という2つのテーマに関する原稿をほぼ完成させています。あと、よかれと思って実践したマクロビによって、鉄欠乏性貧血になったり、不妊になったり、関節リウマチを悪化させたりしている患者さんが多く来院されているので、マクロビに偏りすぎることに警鐘を鳴らすために「マクロビをやめて雑食にすれば健康になる」という原稿を書いている途中です。これらの原稿もいずれ世の中に送り出せればなと思っております。