HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > ガン保険VS栄養療法

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« ラポールあっての栄養療法  |  精神科・心療内科の罪 »

ガン保険VS栄養療法

September 18, 2007

TVキャスターの鳥越俊太郎さんは直腸ガン、その後肺転移を経験したそうで、実際の闘病の様子がアフラックのガン保険のCMで放映されています。ガンになるといろいろと大変です。手術や抗がん剤療法となると肉体的な侵襲も大きいですし、精神的、経済的なダメージも計り知れません。だから万一のときに備えてガン保険に入りましょうと生命保険会社は宣伝します。しかしガン保険に入ってもガン予防効果はありません。ガンを積極的に予防するには、天然ビタミンA・Eや高容量ビタミンCなどによる栄養療法が欠かせません。優先順位としては、栄養療法によるガン予防→早期発見のためのガン検診→それでもガンになったときのためのガン保険になると思います。適切な対策を早期に行えば多くのガンは予防できると私は考えています。たとえガンになったとしても、外科的切除に加え栄養療法を行えば驚くほどの長期生存が可能になる場合が多いのです。栄養療法によって貧血・低蛋白血症の是正した方はガン死するリスクがさがりますし、高容量ビタミンC点滴をガンの術直後から実施すると転移予防効果が高くなります。ビタミンCの転移抑制機序についてはまた別のときお話します。
いずれにせよ、貧血・低蛋白血症の是正やビタミンによる抗酸化アプローチなどの栄養療法が、ガン発症やガン死のリスクを明らかに低下させてくれますので、日頃からの予防に皆さんも努めてください。