院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 日経ヘルス5月号  |  臨時休診のお知らせ »

残薬

April 8, 2015

高齢者宅で飲んでいない大量の薬(残薬)が見つかることが多いそうで、推定で年間400億円を超えるとも言われています。他の病院を受診されている方のお薬手帳を見ると、かなりの薬をみなさん処方されています。分子栄養医から見ると、自分なら処方しないのになと思う薬が処方の中の5~9割くらいを占めています。患者さんも飲んでもあまり症状が変わらないから飲まないのかもしれません。あとお年寄りは医者に遠慮してこの薬は飲んでいないから要らないと言えない人も多いと思います。
高すぎる血圧や血糖は下げおいた方がいいですが、本当に必要な薬はわずかだと思います。薬で病気は治りません。逆に多剤内服による副作用で体調を悪化させている人も少なくないと思います。薬の服用はメリットとデメリットを考えて慎重にされた方がよいです。それよりもまず、医者が薬の必要性を再認識しないといけないと思います。