HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > 基礎が大事

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 菌だらけ  |  GW »

基礎が大事

April 21, 2015

私の趣味のなかにDIYやガーデニングがあります。昨年はウッドデッキや縁側を作成しました。今年はパーゴラを3つ作る予定で、既に1つは完成しています。グリーンカーテンにもなるように麻のネットを張ってホップやブラックベリー、ラズベリーなどを現在育てている最中です。今作成中のパーゴラにはナイアガラというブドウを這わす予定です。
ウッドデッキやパーゴラ作りにおいて重要なのが基礎です。基礎をしっかり作らなければ沈下したり傾いたりします。水平をとるのに苦労します。基礎がきちんとできればあとの作業は非常に楽になります。人間の身体も同じで、基礎=栄養摂取が重要です。成長期の子供はもちろんのこと大人も異化と同化を繰り返していますので、タン白質を中心とした栄養をきちんと摂取しなければいけません。基礎をないがしろにして、病気を治そうと思っても所詮無理な話です。うつなどの精神症状、皮膚炎、リウマチ、癌の治療においても同じです。ヘモグロビンとアルブミンを高めることが最重要課題です。栄養や薬を全身にデリバリーするのもタン白質です。とにかくタン白質がないと始まりません。腎機能に問題がある方は別ですが、そうでない方はタン白質の摂取をしっかり行うことで薬やサプリメントの効果が高まるはずです。