HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > 桃栗三年、柿八年

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 臨時休診のお知らせ  |  臨時休診のお知らせ »

桃栗三年、柿八年

July 30, 2015

昨年ブドウの苗を買って鉢に植えました。1年目は2mくらいに伸びましたが花も咲かず当然実も成りませんでした。今年もさほど長く伸びませんでしたがわずかに実がつきました。小粒ながら甘いブドウができました。ちなみに、ゆずも3年前に小さい苗を買いましたが、実がつく気配はありません。桃栗三年、柿八年といいますが、果物には種類によって実がつくまでの期間が違います。
桃栗三年、柿八年ということわざが、結果((実)を得るまでには、努力と年月が必要という意味でも使われますが、ヒトの健康も同じです。食事を変える、運動をする、規則正しい生活をするということをしても数日で健康にはなりません。それなりの期間、それなりの努力が必要です。言うまでもなく栄養療法もしかりです。栄養素を飲んだからといって数日で症状が改善したり元気になったりはしません。細胞の分子濃度が正常に近づいて初めて治療効果がでてきます。
健康維持や健康回復には日々の地道な努力が必要です。