HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > 食べることは生きること

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 精神科・心療内科の罪  |  ビーガン »

食べることは生きること

September 26, 2007

食の重要性を細木数子さんはTV番組で話されていました。細木さんについては賛否両論あるでしょうが、先日のTV番組で高校生たちに食事の重要性を説いていた内容については私も賛成です。最近の日本人の食事内容はひどいです。冷凍食品、加工食品、コンビニ弁当などよく食べます。私は冷凍食品や加工食品は嫌いです。手作りの料理がいいです。きちんと調理された旬のものを食べるが好きです。ファミレスやファーストフード店には行きたくありません。別に高級食材を使った料理ばかりが好きなわけではなく、季節の野菜や魚などをちゃんと調理されたものが好きなのです。旬の食材を使わないとビタミンなどの栄養価が低下した食事になってしまします。細木さんは、食事がひどいと心も体もダメになると言っていましたが、まさにそのとおりです。栄養欠損によって身体的・精神的な不調を生じるのです。ただいくらいい食事を摂っても、栄養素の吸収が悪い人や栄養需要量が普通の人の数百倍と多い人などは、食事以外で栄養素を摂取しないといけません。この点は分子整合栄養医学的血液検査をすれば、不足栄養素が同定できます。