HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > ビーガン

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 食べることは生きること  |  ガン対策基本法 »

ビーガン

September 28, 2007

ビーガンという言葉をご存知でしょうか?先日TV番組でビーガンとはどういう意味か?という問題がでていました。完全菜食主義者と訳すそうで、ビジタリアンよりもさらに厳格な食事制限をしています。つまり肉を食べないということだけでなく、乳製品や卵、動物由来の食品を摂取しないそうです。肉の摂りすぎは腸内細菌のバラスを乱しますが、適度に摂取しないといけません。人間は本来草食動物ではなく雑食の生き物です。人間は牛のように草を食べてアミノ酸を作る特殊な胃腸を持っていませんので、ある程度は動物性蛋白を摂らないといけないのです。また女性の場合、吸収率のいいヘム鉄を摂取する必要がありますが、植物性の鉄は殆ど吸収されませんので、容易に鉄不足に陥ります。また人間に必須の含硫アミノ酸は動物性蛋白に多く含まれています。米や大豆には含硫アミノ酸は多く含まれていますが、最近の日本人は米をあまり食べないパン食中心の方が多くなっています。小麦には含硫アミノ酸はあまりふくまれていません。
ハワイに住む日系人の乳癌、大腸癌などの罹患率が日本に住む日本人に比べると増えているのは、肉をたくさん食べるからだと言われていますが、それは間違った情報です。高炭水化物・高糖質の食事を食べて肥満になったために癌が増加しているのです。
いずれにせよ偏った食事はよくありません。いろんな種類のものを食べることが大切かと思います。