HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > たばこ

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 冷凍食品  |  頭脳パン »

たばこ

January 22, 2008

たばこは吸う人だけでなく周囲の人の健康まで害します。私はたばこを吸いません。健康を害するのと臭いが嫌いだからです。食事をするお店は全て禁煙にしてもらいたいです、というかタバコは自宅でしか吸えないようにしてもらいたいくらい嫌いです。ガン患者さんの多くは喫煙者です。問診するときに、タバコを吸うか、何歳から1日何本くらい吸っていたかなども患者さんに尋ねます。中学生の頃から吸っているとかという人も少なくありません。若年で喫煙を始めれば始めるほど、ニコチン依存症になりやすいと言われています。最近では年齢証明カードがないとタバコが買えないような自販機が登場しているそうですが。
タバコを吸ってしる人は禁煙しない理由として「たばこをやめるとストレスになりそのほうが体に悪い」と言いますが、そんなのは言い訳にすぎず吸っているほうが健康を害します。また吸っている人は、「自分だけはタバコを吸っていてもガンにならないとか」と「吸ってても80歳まで長生きする」とか妙な自信を持っている人が少なくありません。しかも全く根拠のない自信です。単なる勘違いにすぎません。しかし臨床の現場では40歳~50歳代と若くして咽頭、喉頭、食道ガンになる人が決して少なくありません。ガンは進行してからではなかなか完治が難しいのです。ですから日ごろからの予防が大切なんですが、なかなか実践できている人は少なくありません。まずはタバコや食品添加物などの毒を避ける、次に抗酸化アプローチと適度な運動をお勧めします。