HOME > 院長BLOG > 日々の日記 > 頑張れファジアーノ

院長ブログ

栄養療法に関する話題や日々感じたことなど記していきます。


« 自称健康  |  看護師募集 »

頑張れファジアーノ

May 13, 2008

岡山のサッカーチーム「ファジアーノ岡山」の社長の木村君は中学校の同級生なんです。木村君には夏休みの宿題を貸してもらったりして大変お世話になってました。最近木村君とファジアーノを応援するサッカー好きの有志が集まり、フットサルをしています。僕はサッカー経験者ではないですが、なぜかその集まりに呼んでいただき、老体にむちうって慣れないフットサルをやっています。しかし下手でもやると結構楽しいもんです。先週の土曜もフットサルをする予定になっていましたが、あいにくの雨で焼肉屋で肉を食う会になってしまいました。その次の日がファジアーノの試合ということで、サッカーの試合を生まれて初めて見に行きました。ファジアーノはそれまで無敗だったのですが、その日の試合は残念にも逆転負けしてしまいました。
私の分子整合栄養医学の師匠は、プロ野球やJリーグのスポーツ選手を数多く指導をしています。血液データを見れば故障しやすい選手かどうか分かるそうです。筋肉・腱・靭帯には膜がありますが、その膜が酸化していると筋肉や靭帯が損傷しやすくなります。膜は脂質を多く含んでいますので、膜の酸化防止にはビタミンEが有効です。腱や靭帯は筋トレで強化できず、ビタミンC・タンパク質・鉄・ビタミンA・パントテン酸などによって栄養素によって生合成されますので、これらの栄養素をしっかり摂取することも重要です。筋肉の収縮はATPのエネルギーを利用して行われますので、鉄・ビタミンB群・CoQ10などの補給も有効でし、筋の収縮にはCaも重要です。
ファジアーノはJFLで1位でしたが、先日の試合で負けて3位に順位を下げてしまいました。しかしまだ試合は11月まで続きます。故障者をださず、スタミナとモチベーションを維持してぜひとも今シーズン中にJ2昇格を果たしてほしいものです。僕の将来の夢は、ファジアーノの選手の分子整合栄養療法を担当させてもらい、ユニフォームのどこかにgdm clinicの文字を入れさせてもらうことです。来るべき時のために今の自分がすべきことは、しっかりと分子整合栄養医学を学ぶことだと思っています。
頑張れファジアーノ、頑張れ木村正明!