HOME > 診療内容 > 原因不明不妊症(機能性不妊症)・流産

gdmクリニックの診療内容

ここでは、当gdmクリニックの診療内容についてご紹介いたします。

原因不明不妊症(機能性不妊症)・流産

婦人科で卵巣や卵管の検査をしても特に異常がないけれど妊娠しない(原因不明不妊症または機能性不妊症)という方、排卵をしていない・ホルモンバランスが悪いということで排卵誘発剤のホルモンを投与されている方など最近多いですが、これらは栄養欠損が主な原因なのです。
正常なホルモン分泌及び子宮粘膜・卵巣形成には、タン白質・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ヘム鉄・亜鉛などの栄養素が必要ですが、食事内容の問題などで最近の女性はこれらの栄養素が不足している場合が多いのです。また着床しにくい方や流産をよくする方も、子宮粘膜が栄養欠損のため健全でないことが主な原因ですし、早産は母体の栄養状態が悪いと、臍帯を通じて母体から栄養がもらえないと胎児が判断してしまうことが主な原因です。妊娠前中の母体の栄養状態が悪いと、二分脊椎・心臓奇形・アトピー体質の赤ちゃんができるリスクが高まることが分かっていますので、妊娠前からヘム鉄・ビタミンB群などをしっかり摂取することが重要です。

あまり知られていませんが、ストレスも不妊の大きな原因になります。絶対子供を作らなければいけないというような強迫観念や、親との同居、仕事等での人間関係のストレスがあるようではなかなか妊娠しませんので、リラックスした気持ちで自然に子供を作ることも重要です。

一般的な不妊治療施設では、原因不明不妊症に対する治療が適切に行われておらず、高額な体外受精や顕微授精などが安易に行われています。婦人科で特に器質的異常がないと言われている方(原因不明不妊症)を対象に、妊娠しやすい体質に改善及び順調に妊娠を継続、出産するための栄養療法を行っています。
血液検査で不足栄養素を割り出し、治療用の高濃度栄養素を十分量摂取することで、原因不明不妊症でお悩みの多くの方が妊娠出産可能になります。

  • 栄養素代:3~6万円/月
  • 推奨栄養素:ビタミンB群、葉酸、ヘム鉄、天然ビタミンA、ビタミンC、天然ビタミンE、タン白質、亜鉛、Ca&Mg

補足

1.不妊の主な原因のひとつは鉄不足です。病院で処方される鉄剤は無機鉄なので吸収が悪いばかりでなく、フェントン反応により活性酸素を発生させるので身体にとって有害です。鉄剤を飲むと胃が痛い・吐き気がするのは活性酸素が胃粘膜を傷害するからです。胃腸症状で経口摂取できない場合、鉄剤の注射をする場合が多いですが、これは発ガン作用などがありもっと危険です。ヘム鉄(有機鉄)は吸収がよく、ポリフィリンという有機物が鉄を覆っているので活性酸素を発生させず安全です。1日15mg以上のヘム鉄摂取が望ましいです。

2.ビタミンAは子宮の上皮細胞が正常に分化するのに必要な栄養素です。不足すると子宮粘膜の上皮組織の機能を維持できなくなり、月経痛・不妊の原因になります。男性も不足すると精巣萎縮がおき不妊の原因になります。しかし合成ビタミンAは過剰症の問題があるのでおすすめしません。天然ビタミンAは過剰症の心配もなく安全です。ビタミンE同族体のうち抗不妊作用があるのはα‐トコフェロールです。ならばα‐トコフェロールだけを含んだサプリメントがいいかというとそうではなく、α‐トコフェロールが体内でうまく利用されるためには天然での配合比率、すなわちビタミンEは8種類あるので複合体として摂取するほうが効果的です。

3.排卵異常は視床下部機能障害によるものです。しかし産婦人科では視床下部機能の検査は実施しておらず、LH・FSH・PRLなどの下垂体から放出されるホルモンを測定するだけです。視床下部機能障害は、栄養欠損・ストレスで生じますので、栄養療法が効果的です。クロミフェンなどの排卵誘発剤は対症療法にすぎません。

4.日本でも有数の不妊病院の話ですが、不妊治療に700万円ほど費やしても妊娠しないと、患者さんが不満やクレームをつけだすそうです。医療は治す・妊娠させるという確実な成果を約束して医療契約を医療機関と患者さんが結ぶわけではないので、700万円かけて妊娠しなくても医療機関はお金を返す必要はありません。その不妊病院は700万円かけても妊娠しない場合は、栄養療法で不妊治療をしている機関に患者さんを紹介するそうです。しかし700万円かけて体外受精などの不妊治療を受けても妊娠しなかった人の6割以上の方が、栄養療法で妊娠しています。ですから妊娠しなくてお悩みの方はあきらめずに、是非とも栄養療法をうけていただきたいと思います。

原因不明不妊症治療クリニック