HOME > 診療内容 > 月経困難症・月経痛・生理痛

gdmクリニックの診療内容

ここでは、当gdmクリニックの診療内容についてご紹介いたします。

月経困難症・月経痛・生理痛

月経痛ですが、鉄・亜鉛・タン白質・ビタミンA・ビタミンC などが不足すると子宮粘膜の分化異常・機能低下がおきて痛みが強まります。
また子宮周辺の血流の悪化や子宮粘膜の過度の収縮も痛みの原因になりますので、血流改善にはビタミンE、子宮の過度の収縮にはγ‐リノレン酸の摂取が有効な場合があります。子宮粘膜に不足している栄養素を摂取し、子宮粘膜を強化することで根本的に生理痛を改善させることが可能です。

生理痛や生理不順のために安易にピルを処方する医師が多いですが、ピルの副作用(ビタミンB欠乏・肝障害・ガン・血栓等)を考えると到底お勧めできる治療方法ではありません。
ピルを飲むとビタミンBが欠乏してきますが、妊娠前・妊娠早期の女性でビタミンB の一種である葉酸が欠乏すると、二分脊椎という神経奇形の子供が生まれる確率が高まります。
WHO(世界保健機構)も、2分脊椎予防のために妊娠前から葉酸を摂取することを推奨しています。妊娠・出産を控えている若い世代の女性は安易にピルを飲まないでください。私なら自分の家族には絶対に飲ませません。ピルを勧める医者は、女性の体や健康のことを考えて診療している医者とは思えませんので、受診しないほうが無難かと思います。

生理不順や無月経は、ストレス・ダイエット等による栄養欠損、過度の肥満、甲状腺機能異常、不規則な生活などでホルモン分泌の司令塔である視床下部の混乱が起き、働きが低下しホルモンバランスが崩れることが主な原因です。
人工的なホルモンを投与し、とりあえず生理を来させる治療をする産婦人科医が殆どですが、原因を除去せずに生理だけ来させても意味はありませんし、人工的なホルモンの投与によってホルモン調節システムの混乱が生じたり副作用の問題があったりしますのでお勧めできません。
まずは血液検査等で原因を探し、それを解決することが重要になってきます。栄養欠損の是正、ストレス解消、甲状腺機能の是正などにより、月経不順の多くは治ります。

  • 栄養素代:3~5万円/月
  • 推奨栄養素:ヘム鉄、亜鉛、タン白質、天然ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、天然ビタミンE、γ-リノレン酸

補足

1.無排卵月経とは、月経(出血)は起きるが、排卵はしていない状態をいいます。エストロゲンの作用により子宮内膜の過度の増殖が起こり、子宮動脈が破綻することによりますので、ビタミンB群タン白質の摂取が有効です。続発性無月経とは、90日以上月経が見られない状態をいい、視床下部系の異常によります。過度なダイエットによる栄養欠損太りすぎが原因になります。甲状腺機能のわずかな変化が下垂体機能の変化を起こすので、血液検査ではT 3・fT 4(甲状腺ホルモン)、TSH(甲状腺刺激ホルモン)、TRAb(TSHレセプター抗体)のチェックが重要です。栄養欠損がある場合は、不足栄養素の摂取を行い、肥満の場合は適切な減量が必要です。

2.続発性無月経に、卵胞ホルモンや黄体ホルモンを投与する場合が多いですが、視床下部機能障害が原因ですので、このホルモン療法は対症療法にすぎません。ストレスや原因となりうる生活環境、栄養欠損を是正することが重要です。繰り返し書きますが、ヘム鉄・亜鉛・ビタミンA・タン白質などの栄養素摂取が大切になってきます。