HOME > 診療内容 > パーキンソン病

gdmクリニックの診療内容

ここでは、当gdmクリニックの診療内容についてご紹介いたします。

パーキンソン病

パーキンソン病(PD)は、振戦(ふるえ)、無動(動かない)、固縮(こわばってかたまる)を特徴とする神経が変性する疾患です。ビタミンB12欠乏によってPDと似たような症状が出現しますので、両者を見極めることがまず必要になります。脳の黒質という部分でドーパミン注1を産生しているのですが、この黒質の神経細胞の変性がパーキンソン病の本態です。PD患者さんの黒質は、過酸化脂質注2の増加、グルタチオン注3濃度やカタラーゼ注4活性の低下を認め、活性酸素が発症に関係しているのではないかと考えられています。グルタチオン濃度の低下が原因になっている場合は、グルタチオンの点滴が有効です。

注1 ドーパミン
神経伝達物質の一種で運動調節、意欲、学習などに関係する

注2 過酸化脂質
脂肪が酸化したもの

注3 グルタチオン
3つのアミノ酸から成り抗酸化作用や解毒作用を有する

注4 カタラーゼ
過酸化水素を酸素と水に変える酵素