HOME > 診療内容 > 無月経・月経不順

gdmクリニックの診療内容

ここでは、当gdmクリニックの診療内容についてご紹介いたします。

無月経・月経不順

ホルモン分泌の司令塔である視床下部-下垂体系の混乱や卵巣機能低下などが無月経や月経不順の主な原因になります。視床下部―下垂体は、ストレスや栄養欠損の影響を受けやすい部位なので、視床下部-下垂体性無月経は、ストレス、不規則な生活、ダイエット等による栄養欠損、過度の肥満、甲状腺機能異常などが原因なります。根本的な治療にはこれらの是正が必要になります。卵巣性無月経の治療は、卵巣機能を改善させるビタミンEやDHEA注1の補給が有効です。婦人科で行われる治療は、人工的なホルモンを投与して月経を起こさせるものですが、原因の是正は全く行われていませんのでホルモン剤を飲むのを止めるとまた月経が停止してしまいます。

注1 DHEA
副腎で作られる性ホルモンの前駆体


不妊治療クリニック